はじめてのセルフレコーディング④ミックス・マスタリング・デザイン編

busstopmouseが自らレコーディングを実践。レコーディング風景や、機材セッティング、つまずきなど備忘録として、全記録をここに綴ります。


2019.4.1 23:00~4:00 @Osaka 某所 にて


1. ミックス・マスタリング

ミックスは、なんやかんやテクニカルな部分が多くてたまに吐き気がするけど、それは一旦置いといて、今回の作品では、ミックスの基本を忠実にクリアしつつ、busstopmouseサウンドを印象付けたいな。ということで、


1.フェーダー調整 ※busっぽいボーカル、コーラス、楽器の音量バランス調整

2.EQ調整 ※いらない音域をカット、busっぽい音域をブースト

3.コンプ活用 ※不自然にならない、ナチュラルにbusっぽく

4.全体バランス調整 ※busっぽい左右のギター感やコーラスワークの調整


ということを考えながらやろうと思っておりましたが。。。


さすがに、期日に間に合いそうになかったので、噂のエンジニア清水さんにお願いしました。ミックス、マスタリングはセルフじゃなくなったけど、そこはご愛嬌ということで。


まあ、こんな感じで言いたい放題。


細かいところでいけば、今回レコーディングは意識せず初期設定の16bit(一般のCDクオリティ)で設定して録っていったけど、レコーディングでのビット数の扱いも考えていこう。

24bitだと、音の解像度が高くなるから、同じノイズ量でも比率が下がって、ノイズ対策になる、とか。クリアでbusっぽい音で録るのなら、レコーディングからミックス、マスタリングに至るまでのゲイン管理がめちゃくちゃ大切ってことに気づけた。


まあ、基本的な知識さえ身についてしまえば、あとは曲作りにもっと頭と時間を使えるようになる。ひとつ成長しました。


2. デザイン

レコーディングの合間にこちこちとCDジャケット、歌詞カード、盤面作りをする。

ジャケットは、単色ベタ塗りにセルゲイドブサライノフ(busstopmouseのマスコットキャラクター、ねずみ)を描くパターン。



僕らの音源は、黄盤、青盤、オレンジ盤・・・のように呼んでます。

こんな感じ


1st  黄盤2003

2nd 青盤2004

3rd 橙盤2005

4th 黒盤2006

5th 虹盤(music from the bus stop)2007

6th 白盤(welcome to the bus stop)2018

7th ?盤(standing by the bus stop)2019 ←今作




3. さいごに

はじめてのセルフレコーディングということで、録りはなんとか自分たちでできるようになったけど、ミックス・マスタリングに関しては、限られた時間内に自分たちで作業するのは厳しいと判断し、お手伝いいただきました。次回はフルセルフでやってみよ。


なんとか、自分たちで3か月間DIYしました。おつかれさまでした。寝ます。


special thanks

ご協力いただいた皆様、スタジオ、家族、そして、いつもbusstopmouseを応援していただいてる皆様へ。



おわり

最新記事

すべて表示

亮太の気まぐれ日記mouth to mouse への感謝を語り出したら止まらないぜ編

出会ったのは下北沢ERAというライブハウスで、我々が会場入りしてリハーサルをしていると何だかギャーギャー甲高い声で騒いでいるまだ10代と思しき3人組がいた。 ツアバンだよ、これがツアバンだよ、いやツアバンじゃなかったらもうヤダとか何やら騒がしい。(地方から遠征で来てるバンドのことをツアバンと言います) どうやら我々の音を気に入ってくれているようだった、当時一応それなりに頑張っててミナミホイールに出

僕とYシャツと酒と泪と男と女

生まれて初めて見たライブは、小学生のとき、大阪花博でたまたま見た河島英五の弾き語りでした。 2回目に見たライブは、中学生のとき、大阪ドームで見たエアロスミスです。 初めて買ったCDは、確か、とんねるずだったかな。 「情けねえ」か「ガラガラヘビ」。 https://www.youtube.com/watch?v=rJw2eqhcIcI https://www.youtube.com/watch?v=

5月7日の出来事

初めましての方も、既にご存知の方も初めまして。 ドラムとコーラスを担当しております、イクラちゃんと言います。 今月41歳を迎える、ナイス社会人です。趣味はギャンブルとダイエット! 好きな芸能人は保田圭です。現在、町の水道屋さんとして日々奮闘中でございます。 そんな僕の最近起きた体験を、この令和元年の記念すべき初ブログとしてここに書き記しておきたいと思います。※以下は全て実体験に基づいたものとなって

Contact us

Email: busstopmouse@gmail.com

TwitterDM: @busstopmouse

  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン

© 2018-2019 by bus stop mouse official.