亮太の気まぐれ日記mouth to mouse への感謝を語り出したら止まらないぜ編

最終更新: 2019年10月22日

出会ったのは下北沢ERAというライブハウスで、我々が会場入りしてリハーサルをしていると何だかギャーギャー甲高い声で騒いでいるまだ10代と思しき3人組がいた。


ツアバンだよ、これがツアバンだよ、いやツアバンじゃなかったらもうヤダとか何やら騒がしい。(地方から遠征で来てるバンドのことをツアバンと言います)


どうやら我々の音を気に入ってくれているようだった、当時一応それなりに頑張っててミナミホイールに出れるくらいにはなっていたのでツアー先で年下のバンドさんにチヤホヤされるのはちょっとだけ慣れていた。(あー調子乗ってると思われる)


彼らのリハは既に終わっていたので、僕は本番の時に初めて彼らの演奏を見ることとなる。


暴れまわるベースと、イケメンのギタボ、当時から突出して上手かったドラム。


そして何より曲がいい、いやめっちゃカッコいいやんか、チヤホヤするのはこっちの方だぜという気持ちになったのを覚えている。


今みたいに3人が3人とも死ぬほど上手かったという訳ではなかった、でも凄く惹かれるものがあった。


終演後、お互いの音源を交換した。我々は大阪に帰る車の中で鳴らないギターっていうフレーズとサビの素晴らしいメロディーと間奏のエゲツないドラムにノックアウトされて完全にこの3人組のことが好きになった。


大阪に帰って、しまった、連絡先交換してないやんと思ってた矢先、我々のホームページのBBSにあの暴れていたベースの子が書き込みに来てくれたのだ。


それをきっかけにメールでやり取りして、夏休みに大阪の2ndLINEに出るんですって言うので


→俺ら大阪の難波っていうわりと便利なところでメンバーで住んでるからうち泊りよし


→ついでやし、俺らがよく出てるサンホールに無理やり予定ぶっ込んで対バンしようぜ!


→いま難波のバス停(夜行バスの)着きました、ようこそ大阪へ、じゃあバス邸(マンション)へ案内するわと早朝に迎えに行ったのが懐かしい


そんな訳で初回の大阪滞在の数日間でめちゃくちゃ仲良くなった、ボーリングしたり、新世界で串カツ食べたり、バス邸のリビングで皆んなで朝を迎えたりした。


逆に我々が東京に行くともんじゃ焼きに連れてってくれたり、中野の名物アイスクリーム屋さんに連れてってくれたり、ボーリングしたり、もう何かお互いにちょっとした遠距離恋愛のカップルよりは会ってるでしょってなぐらいに大阪東京間でイベントに呼び合ったり、東西ツーマンライブ対決(世に言うところの初代uniっとbus)したり、その合間にボーリングしたり、ラーメン食べたり、ボーリングしたりして我々はお互い腕を磨いたわけである、勿論ボーリングの。


出会ってから3年くらいして、ユニゾンはメジャーデビュー、バスは活動休止、ユニゾンより4つ歳上だった僕らより更に3つ上だったいくらちゃんの30歳になるタイミングで売れてなかったら就職すると結成時から決めていたし、その頃には音楽するのに売れる売れないとかそう言うの関係ないよなって普通に思えるようになっていたし、仕事落ち着いたら社会人バンドでまたやったらいいしって思えるようになってたから下せた決断だった。


活動休止してから、何回か単発でライブをした、メンバーが皆んな子持ちになったタイミングとサワッチが大阪を離れるタイミングなどが色々重なって全然ライブをしなくなった、メンバーとも全然会わない期間があった、この期間はユニゾンとも全然会ってなかった。


久しぶりにみんなに会ったのは武道館だった、平日だし大阪からだから大変かもだけど良かったら来てってタカオ氏が連絡をくれた。(本当に大変で、夜行バスで大阪戻ってそのまま会社に行ったのもいい思い出)


武道館近くの居酒屋でバスのメンバーに会うことすら懐かしくて、更に久しぶりにユニゾンに会うのが武道館っていうロマンチックな展開にライブ中は終始感動しっぱなしだった。


終演後、関係者による乾杯みたいな場に呼んで貰った、そっちの業界の人が100人くらいいる中で大阪弁丸出しで缶ビールを空けまくる我々の浮き具合と言ったらエゲツなかったと思う。


この武道館の一ヶ月後くらいに久しぶりに大阪で皆んなで会って、久しぶりにゆっくり会えたんだから行くっきゃないよね、そうお察しの通りボーリングをしてからモツ鍋を食べた。


大丈夫ですか?まだmouth to mouseのマの字も出てきてないけど、止まらないので続けます。


暫くメンバーともあってなくてもやっぱりいつかはバスをまたやりたいってずっと思わせてくれるモチベーションの大きな1つがやっぱりユニゾンだったわけで、ふとラジオから流れてきたりテレビに出てたり、あー、俺この人らと盟友とか言ってたんやなって、またバンドやりたいな、子供にライブやってるとこ見せたいな、単純に楽しいやろなって。


そんで2016年に久しぶりにライブをした、バスとして初めてサワッチ不在のライブ、サポートメンバーでも何とかライブはできるねっていう非常に大きな経験だった。


ここで次に踏み出せないのが、我々の悪いところでたまに中野といくらちゃんと飲むとこまでは行くけどサポートメンバー捕まえて再結成ってとこまでは至らなかった。


そんなこんなで、去年の再結成があって、再結成したことをユニゾンに伝えたら対バンしよーって言ってくれて、それが4月のジャニスだった訳だ。

そろそろ出てきますよ、mouth to mouseの話。


昔、バスとユニゾンがしょっちゅうボーリングしてた時代によくライブでやってくれていた月と天秤という曲がある。


これはこれで非常に思い入れが強い曲で、だから僕はジャニスではきっと月と天秤をやってくれると思っていた。


mouth to mouseは曲の存在は知っていたけど、僕は聞いたことが無かったから、正直なところ思い入れのある月と天秤を聞きたいと当日まではそう思っていた。


ジャニス当日、リハーサル一発目はユニゾン、中音作りまーすって言ってセッションを始める三人。


メジャーの人のリハのやり方やでーと騒ぐ大阪チーム、じゃあ曲でやりまーす、からのmouth to mouseフルコーラス。


泣きますよね、そりゃ。こんないい曲を封印していたなんて、僕らとのエピソードなんか置いといてシンプルに僕が一番大好きな田淵メロディとユニゾンらしいバンドアンサンブルに満ち溢れたアレンジ、こんな曲にあんな歌詞つけられて泣かない方がおかしいってなもんである。


当然、ジャニスの打ち上げの二次会はボーリングなわけで、相手が日本を代表するロックバンドになってることを忘れてあの夜は旧友として本当に楽しい時間を過ごすことができた。


もう、これでお腹いっぱいです、大阪のサラリーマンバンドがユニゾンと対バンして朝までボーリングして、たかが昔のバンド仲間にこんだけやってくれて本当にありがとうございますっていう余韻だけで残りの人生過ごせそうやなくらいに思ってたら、新曲のカップリングmouth to mouseですよ、あなた。


ネットのニュースの記事で知って思わずLINEしましたよ、何て言ったと思います、これでなにがしかの恩返しになれば、、、


びっくりするでしょ!俺らが君たちに何をしてやれた?恩返ししてもらうことなんか何もしてないのに、そこいらのインタビューでわざわざバスの名前出してくれるし、musicaのインタビューとかおっさんを号泣させるほどの破壊力を持ってたし、ユニゾンのこと長く応援してる人ならわかると思いますけど、わざわざやってくれてるのが僕は凄くわかるから凄く嬉しくもあり、申し訳なくもあり、感謝を言い出すとキリがないんです。


戦友という言葉、売れなかったバンドが昔アイツらと仲良かったんやーというのは簡単なこと、ところがあんだけ売れてるバンドが全然売れてないバンドのことをそんな風に言うのはきっと大人の世界の色んなハードルがあったと思う、それなのにわざわざ、このわざわざに僕は心から感謝を言いたいし、改めて彼らの人間性の素晴らしさを褒め称えたいです。


そろそろ締めます。


今、子供も元気に育ってるし、バンドも楽しいし、釣りも楽しいし、仕事は面倒くさいけど


楽しいことだけしか見つからないそんな時が来てるかもしれないので、教えます。


大阪で細々と戦友は音楽を続けて行きますよ。


















Contact us

Email: busstopmouse@gmail.com

TwitterDM: @busstopmouse

  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン

© 2018-2019 by bus stop mouse official.